スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


自作グレースケールカードを使用したホワイトバランスの調整

オークションに出品するための商品撮影では、できるだけ正確な色になるようにホワイトバランスを調節しています。そのためには、撮影時にカメラのこちらの記事に紹介した18%グレー標準反射板を利用してマニュアルホワイトバランスをきちんと調節するか、あるいはこちらの記事に紹介した自作グレースケールカードを使用してホワイトバランスをレタッチで調節することが必要になります。

今回は、自作のグレースケールカードとPhotoshopを利用して、勘に頼らないホワイトバランスの修正方法を紹介いたします。

まず、最初に自作したグレースケールカードを出品物と一緒に撮影します。
自作グレースケールカードを一緒に撮影する

より正確なホワイトバランスの調節のためには、撮影時に18%グレー標準反射板を利用してマニュアルホワイトバランスをきちんと調節することが望ましいのですが、今回はあえてカメラ任せのオートホワイトバランスで撮影してみます。

ちなみに、撮影時の光源は、こちらに記事に紹介した自作の撮影用ランプです。
まず、オートホワイトバランスで撮影した写真はこのような色になりました。

ホワイトバランスを調節する前の写真

なんだか、全体的に緑色が被っていますね。パジェロのおもちゃの下に敷いているのは、白色のカラーボードなんですが、白色には到底見えません。

このように写真を適切な色にする場合、どの色を強めたり、弱めたりすればよいか、わかりますか?慣れれば、直感的にどの色を調節すれば適切な色にできるのかも知れませんが、私もあまりわかりません。(笑)

第一、感に頼るなんて、合理的でも論理的でもありません。
そこで、今回は、勘に頼らずにPhotoshop CS4でホワイトバランスを調節する手順を紹介します。
Photoshop CS4でなくても、トーンカーブを自由に操作できて、カラーサンプラーツールで色のRGB値をそれぞれ測定できれば、CS3以前のバージョンでも同様の方法で調節できると思います。

なお、この方法はトーンカーブを自由に操作できるPhotoshopのみで、利用できる方法です。
残念ながらPhotoshopElementsでは、トーンカーブの機能そのものがありませんので、利用できません。

まず、最初に一緒に写しこんだグレースケールカードの色を測定します。色の測定には、カラーサンプラーツールを利用します。
カラーサンプラーツールで色を測る
カラーサンプラーツールを選択したらマウスカーソルがスポイトの形になるので、一緒に写しこんだ自作グレースケールの色を測定します。
グレースケールの色を測定する
カラーサンプラーツールは一度に4箇所の色を測定して表示できるので、今回はグレースケールの中間の明るさの4つを測定しました。測定すると、画面右側に測定した4箇所のRGB値が表示されています。
カラーサンプラーツールで測定した色の情報
今回の例では、測定した
1つ目の色は赤(R)の値が51、緑(G)が65、青(B)が57、
2つ目の色は赤(R)の値が86、緑(G)が106、青(B)が93、
3つ目の色は赤(R)の値が136、緑(G)が160、青(B)が144、
4つ目の色は赤(R)の値が181、緑(G)が204、青(B)が195、
となりました。

光の3原色で表す灰色とは、赤、緑、青の3色がすべて同じ明るさ(値)のものを灰色といいます。そのため、グレースケールカードのところを測定すれば、赤、緑、青の3色が、すべて同じ値でなければいけません。同じ値になっていなければ、それは色が偏って写されているつまり、ホワイトバランスが正しくないということになります。

ホワイトバランスを調節するには、RGBバラバラの値を緑色を中心に同じ値に調節していきます。つまり緑色を変えないで、それ以外の赤色と青色の値を調節していきます。緑色を変えない理由は人間の目は最も緑色に敏感なので(と何かの本で読んだ^^;)、できるだけ緑色を変更しないようにして、調節後に違和感がでないようにするためです。

では、実際にトーンカーブを利用してホワイトバランスを調節する具体的な方法を説明しましょう。
まずはトーンカーブの調整レイヤーを作成します。
トーンカーブの調整レイヤーを作成する

次にトーンカーブの中からレッドチャンネルを選択します。
トーンカーブからレッドチャンネルを選択する

これで、赤色だけの色が変更できるようになりました。次にトーンカーブの線上の適当な位置をクリックします。クリックする位置は後から調整するので本当に適当で構いません。
トーンカーブの線上の適当な箇所をクリックする
線上をクリックすると、下に出力と入力という箱が表示されました。これがトーンカーブによって変換される色の値です。

調節はカラーサンプラーツールで測定した4箇所について、出力後の値が緑色と揃うように調節をします。まず一つ目は、測定した赤色が51ですが、これはグレーであるならば、緑と同じ65である必要があります。そこで、入力に51、出力に緑と同じ65を入力します。
値の入力はトーンカーブの上に表示されている情報表示を見て行うと良いでしょう。

一つ目の赤色を緑色に揃える

上の図のように赤色の値を入力に、緑色の値を出力に入力します。なお、数値を入力する時は、現在表示されている値をバックスペースキーか、削除キーで消去してから入力することになりますが、削除している途中でトーンカーブが崩れてめちゃくちゃな色調で表示されることがあります。
たとえば、このように。
崩れたトーンカーブ
崩れたトーンカーブで一時的に表示された写真

このとき、画面上の写真もめちゃくちゃな色になりますが、きちんと値を最後まで値を入れれば、表示は元に戻りますので、気にしないでください(私も最初はえらく驚きました)

1つめの色の調整が終われば、つぎは2つめです。最初と同様にトーンカーブの線上を適当にクリックして、下に出力と入力の箱を表示させ、値を入力します。
赤色の2つめの調整

2つめは入力に86、出力に106と入力します。これも1つめと同様に赤色を緑色と同じ値に揃えるためです。さらに3つめの値を入力します。

自作グレースケールカードを使用したホワイトバランスの調整-その2」に続く


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。