スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


商品撮影のための撮影台の自作-発泡スチロールを使用

今までオークションに出品するための写真は、出品物を床に置いて撮影していました。
こちらの記事のようにカラーボードを床に敷いたり、背景用のケント紙を敷いたりすることはありましたが、特に撮影用の台を必要としなかったので、床にそのまま置いていました。

ですが、この方法だと、どんなに低い三脚を使用しても、カメラと被写体の高さには差があるわけで、極端なローアングルで撮影することはできません。そこで、簡単な撮影用の台を自作することにしました。

材料はホームセンターで見つけた発泡スチロール製のブロックです。

発泡スチロールのブロック

何のことはない、この発泡スチロールをいくつか床に敷いて、その上にこちらの記事で紹介したカラーボードを乗せて撮影台にしようと考えました。

このブロックは、大きさが10cm×19cm×39cmですので、ブロックの立て方によって、高さが3種類に変えられます。どうやって使うか説明するまでもないのですが、このように使います。

自作した撮影台-発泡スチロール製ブロックに乗せている

ちょっと写真が見にくいですが、ブロックを3つ床に並べて、その上にカラーボードを載せています。
使用している三脚はローアングル用の小型三脚で、SLIK製のスリックミニというものです。

この三脚の場合は、ブロックの19cmの辺が垂直になるように床に置くとちょうど良い高さになりました。更に背景がごちゃごちゃしないように、同じカラーボードをもう一つ後ろに立てかけています。

カラーボードの下側から撮影した様子はこのようになります。撮影台の自作-下側から撮影した様子

市販されている撮影台は、もちろん専用に作られたものですので、使い勝手は良いのは間違いありませんが、それほど強度を必要としなければ、このように高さを稼ぐためにブロックを並べて、その上にカラーボードや板を乗せるだけでも十分に実用になります。

もちろん、収納場所も大して必要としませんし、組み立てるのも軽くて簡単です。撮影台を探している方はぜひお試しください




バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。