スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


商品撮影をするときは写り込みに注意しよう

商品撮影をするとき、意外と見落としがちなのが写り込みの処理です。先日、撮影用のグラデーションペーパーを入手したので、それを利用してちょっと撮影してみました。撮影に使用したのは、こちらの記事に掲載した商品です。

グラデーションペーパーを利用した商品撮影

しかし、最初の撮影は見事に失敗しました。グラデーションペーパーだからというわけではないのですが、それは写り込みの処理が不十分だったのです。

写り込みとは、商品に回り景色が写ることを言います。鏡を真正面から撮影すれば、自分とカメラそのものが見事に写されるのは簡単に想像できると思います。また、ピカピカに磨き上げられたステンレス製のヤカンや鍋などは、カメラマン自身も写りますが、湾曲した表面に部屋中のものが写りこんでしまいます。
そんなとき、一番手っ取り早いのは、こちらの記事で紹介した『写真撮影用の簡易スタジオ』を使うことです。

今回、撮影の対象にした商品は、低周波治療器の単なる箱でしたので、特に写りこみ対策をせず、背景用紙だけ準備して撮影したのですが、思わぬ落とし穴がありました。まず最初に撮影に失敗した写真をご覧ください。
写り込みがある商品の写真


ぱっと見た目、露出も適切で、影もほとんど目立たず、特に問題があるようには見えません。ところが、箱に透明な窓があって、その後ろにある商品を良く見てください。問題のあるを部分を拡大します。

映り込みがある部分の拡大写真


よく見ると、商品の青色の部分がまだらになっています。実はこれ、透明な窓の部分にはセロファンが貼っていて、そのセロファンの部分に下に敷いた白い背景用紙が写りこんでいるのです。
セロファンが皺もゆがみもなくピント貼られていれば、全体が白っぽくなるだけですが、ガラスをはめ込んでいるわけではないので、そのような正確さは望めません。

また、もう一度、商品全体の写真を見てみるとお分かりになると思いますが、一見、明るく清潔感があるように写っていますが、商品の前面に白い紙が写りこんでいるので、コントラストが低くなり、全体的に白っぽく写っているだけなのです。

では、どうするか。この透明な窓の部分が写っている白い紙を映らないようにすれば良いのです。
そのために用意するのが、黒の画用紙。普通に文具屋で売られている黒画用紙を商品の手前に敷きます。

黒画用紙を手前に敷いて写り込みを消す

こうして、改めて撮影した商品の写真がこちらです。

写り込みを消した商品の写真

どうでしょうか。箱全体の文字や印刷がくっきりと写って、全体のコントラストが高くなっているのがわかると思います。ちなみに、撮影モードはマニュアルを使用して、シャッター速度と絞りはどちらも変えていませんので、露出は同じです。さらに商品の本体部分を拡大して見ます。

写り込みが消えた部分の拡大写真

先ほどのように白いまだら模様が写り込むこともなく、すっきりと写っていますよね。

オークション出品する商品やネットショップで販売する商品を撮影をするときは、背景をすっきりさせるために白い紙を敷いて撮影されることが多いと思いますが、意外と手前の白い色が邪魔をしてしまうことも多いのです。

光の反射を抑えたり、写り込みをなくす黒画用紙(黒レフと呼ぶこともあるそうです)も、手元に用意しておくと、更に撮影の幅が広がると思います。一度お試しください。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。