スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


写真撮影用の簡易スタジオ-手軽な撮影にはとても便利

今やオークションに出品する際には、写真が不可欠。デジタルカメラの普及もあって、だれでも簡単に写真を撮影して、出品するときに掲載できるわけですが、やはり綺麗な写真を撮るには、カメラのほかにも最低限の道具は必要です。

私が撮影に最低限必要と思う物は、
・三脚、次に
・デスクライト
・簡易スタジオ
です。


写真用の簡易スタジオとは、下の写真のように、白い薄手の布でできた立方体のテント状のものです。この中に撮影したものを入れて、正面の開いているところから撮影をします。

それから、簡易スタジオは、部屋の蛍光灯の真下など、できるだけ上側から光が当たるようにしてください。間違っても、この写真のように正面の窓から光が当たる状態で撮影してはいけません。そうじゃないと光が布で拡散された状態にならないですから。

商品撮影用の簡易スタジオ

簡易スタジオには、他に背景となる白とブルーの布がセットされています。写真に写っているものは比較的大型のもので、大体1辺が70cmで、ほぼ立方体の形をしています。畳むと直径30センチぐらいの円盤状になります。

これで大体ハンドバッグや、外付けハードディスクなど30cm四方ぐらいまでの大きさまで対応できます。それ以上大きいと、レンズの画角の関係から、横の白い布が背景に入り込んでしまいますので、もう少し大きいものを用意するか、あるいは壁から布を垂らすなど、別の方法で撮影したほうが良いでしょう。

この簡易スタジオを使うメリットは色々とありますが、まず第一に手軽に使えることに尽きるでしょう。大げさな機材を必要とせず、ごちゃごちゃとした背景を整理して、柔らかい光に包まれたように撮影できます。また表面が鏡面加工されていて、辺りの様子を写しこんでしまうような品物(ステンレスの夜間とか鍋とか、車のフォグランプとか)は、写り込みを整理できるので、見栄えがよくなります。更に適度に拡散された光になるので、床に移る影もぼやけた嫌味のない陰になります。

反対にデメリットは、光が拡散されすぎるので、陰影を強調したいときは不向きです。また、どの写真も同じような写り方になってしまい、個性が出にくく、他の出品者との差別化ができません。

とはいえ、本業の傍ら、趣味で、あるいは小遣い稼ぎとしてオークションをしている方には、限られた時間で、手軽に、そこそこ綺麗な写真を取れるのでとてもお勧めです。

たとえば、下の写真はこの簡易スタジオを使用して撮影したものです。

簡易スタジオの撮影例

ちょっとカメラのホワイトバランスが適切ではありませんでしたが、この写真は簡易スタジオとレフ板数枚で撮影したものです。簡易スタジオをセットして、三脚を用意して、撮影に要した時間はほんの10分ほどですが、まぁそこそこ綺麗、出品には十分に使える写真ではないかと思います。

まだ簡易スタジオをお持ちでない方。特に商品撮影に割ける時間のない方には、お勧めです。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。