スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


ストロボディフューザーの自作

オークションに出品するときの商品撮影は、基本的にストロボを使わずに撮影するのが基本です。ところがストロボを使わずに綺麗に写すためには、室内の蛍光灯だけでは明るさや光の拡散の仕方が不十分゛たったり、あるい撮影に使用できるスペースと蛍光灯の位置が好ましくなく、商品撮影用のライトを自作して使用することもありました。

自作した撮影用のライトは自立することができないので、ブームスタンドを自作して吊り下げて使用していました。

このようにできるだけ綺麗に商品を撮影したいと思って、自分なりに色々と工夫してきましたが、もう少し手軽にストロボを使用して綺麗な撮影ができるようにストロボディフューザーを自作してみました。

ストロボディフューザーの材料

材料はホームセンターで購入した白色の発泡塩ビ板、100円ショップで購入してきた半透明のまな板シートです。

まな板シートは、下の写真のように半透明で、さらに表面に適度な凹凸がありますので、光が拡散してくれるのでは?と思い、購入してみました。

半透明のまな板シートをディフューザー代わりに使う


そのほかの材料は、カメラを2台三脚に固定するためのツインプレート、L時型金具2個、ウィット規格の1/4インチ蝶ナット、6ミリのボルトとナットが3セットです。見れば作り方は分かると思いますので、工作過程は面倒なので省略します。
まず、直遮光をまな板でディフューズする使い方を試すために、このようにつなげて見ました。

直射光をディフューズしてみる

ディフューザーとして使用するまな板シートに穴を開けて、L字型金具をボルトとナットで固定、更にカメラプレートの片側のネジにウィット規格の1/4インチ蝶ナットで固定します。プレートの反対側には適度に話して、ストロボを固定します。ちょうど被写体とストロボの間に半透明の板が挟まる感じになります。

実はこれ、gizmoさんの『小物用ブツ撮りライティングセット』を参考にさせていただきました。
違うのは、もう少しディフューザーの面積を大きくしたかったので、アクリル板の代わりに
まな板シートに変えただけです。

先ずは効果を試すために、ディフューザーを使用せずにストロボを直射して撮影してみます。

ディフューザーなしで、ストロボを直射してみる

ディフューザーの効果が分かりやすいように、あえて斜め横からストロボを当てて、影が強調されるようにしました。さらに通常ならレフ板をストロボとは反対側から当てるのですが、これも省略しています。もうお分かりのように、ぬいぐるみの影がきつく現れて、表面のふわふわとした質感も全く表現できていません。それでは、ディフューザーを間に挟むとどうなるでしょうか。

ディフューザーを挟んでストロボを当ててみる

どうでしょうか。光が拡散されて、かつディフューザー全体が面光源となったので、ストロボと反対側の陰になった部分が、すこし明るくなりました。ぬいぐるみのふわふわとした質感もかなり再現できていると思います。

ちなみに、被写体とカメラとストロボの位置関係はこんな状態です。

ストロボディーフューザーを撮影風景


とここまでなら、gizmoさんのブログの真似だけなので、もう一工夫してみました。(笑)
それがこちらになります。

バウンスしてディフューズ

今度はストロボの後ろに冒頭で紹介した白色の発泡塩ビ板を取り付けて、いったんストロボの光を塩ビ板に照射して、跳ね返ってきた光をまな板シートでディフューズします。
発泡塩ビ板を取り付けるのに、カメラプレートの長さが少し足りなかったので、別のプレートで延長しています。なおこの記事をみて自作される方は、ホームセンターに行けばスチールラック用の穴あきプレートが安く売っていますので、それを流用されると良いと思います。
では、このバウンスしてディフューズすると、どのように写るのか試してみましょう。

バウンスしてディフューズの作例

セッティング中に、三脚に脚を引っ掛けて動かしてしまったので、微妙にカメラアングルが異なっていますが、ピント位置とホワイトバランス、シャッター速度はそのままです。絞りはかなり光が弱くなりますので、最初の2枚より開けて撮影しています。いかがでしょうか?もうレフ板が必要ないほど、光が柔らかく、回り込んでいますよね。

ただし、この写真は純粋に前方のディフューザーを通ってきた光だけで撮影されたのではありません。後ろの発泡塩ビ板に当たった光が、前方だけでなく、部屋の壁や天井にも当たって、被写体を照らしていますので、部屋の大きさや壁の位置関係によっては、効果が異なる場合もあります。


『続ストロボディフューザーの自作』につづく



関連記事
『ストロボディフューザーの自作』
『続ストロボディフューザーの自作』
『続々ストロボディフューザーの自作』
『続々々ストロボディフューザーの自作』
『続々々々ストロボディフューザーの自作』




ストロボディフューザーを検索する



バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


アイデア
ブログ訪問&コメントありがとうございました。
まな板シートって凄く良いアイデアですね。
自分のディフューザーもまだまだ試行錯誤の段階なのでこれからも色々試していきたいと思います。
by: まーぶ * 2008/10/20 00:31 * URL [ 編集] | UP↑

こんにちは&ご紹介ありがとうございます。
まな板シートの利用は私も考えたんですが、先を越されてしまいました。(^_^;
使えそうなアイデアはどんどん公開して共有していきましょう。

おまけですが、私の小物ブツ撮りライティングセットで撮った写真をブログに掲載しているので、紹介させてください。どちらもCOOLPIX P6000で撮影しています(いまだにAFがいまいち弱いようです)
http://gizmo.jugem.cc/?eid=211
http://flyingjunk.blog25.fc2.com/blog-entry-30.html


by: Gizmo * 2008/10/06 20:50 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。