スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


スレーブストロボの使い方


天井バウンス用のスレーブストロボ


先日紹介したコンパクトデジカメの天井バウンス用スレーブストロボの自作の作例を紹介しましょう。

先ずは恒例の悪い例から。いつもパジェロの模型ばかりですが、ご容赦を。
模型を敷くだけの簡単な背景装置で紹介したカラーボードの上において、ストロボを直射して撮影してみました。

ストロボを直射して撮影した作例

模型の正面側だけ明るくなって、上側が不自然に暗くて不自然です。それに白色の背景なのに、光が十分に回らなくて灰色に写ってしまいました。
これでは、やはり出品用の写真撮影としてはとても使えません。
そこで、前回紹介した自作のスレーブストロボを補助光として使用します。
被写体、カメラ、スレーブストロボの並べ方はこのようにしました。

被写体とカメラ、スレーブストロボの位置関係

しかしながら、この状態で撮影すると、ストロボから天井までの距離が長くて、かつ被写体を床に置いているので、天井で反射した光が十分に届かず、写り方は殆ど変わりませんでした。
被写体をテーブルの上など天井に使い高い位置におくか、我が家の天井がもう少し低ければ、写り方も変わるのですが、どちらも面倒です。
そこで、擬似的に天井を低くするために、スレーブストロボの上にレフ板をかざしてみます。

スレーブストロボの上にレフ板をかざしてみる

レフ板の大きさはB5サイズの100円ショップで購入したスチロール製のカラーボードです。
色が白色であれば、画用紙やダンボールに貼り付けたコピー用紙でも、特に材質は問いません。
大きさは被写体の大きさに合わせればよいと思いますが、今回のように手のひらサイズのものであれば、B5サイズもあれば十分でしょう。
この状態で撮影した写真がこれです。

スレーブストロボをレフ板に反射させて撮影

いかがでしょうか。見違えるように綺麗になったと思いませんか。
人が室内や屋外で何か物を見るときは、上側から照らされた状態で見ることが多いので、カメラのストロボのように目線方向から照らされた状態はとても不自然に見えるのです。
オークションの出品物を綺麗に撮影するには、この上側から照らすということを心がけると良いでしょう。



カメラのストロボに同調発光する
HAKUBA/ハクバ デジタルスレーブストロボDX (カラー:ブラック)
メーカー希望小売価格 7,245円 (税込)
特価 4,540円 (税込 4,767 円) 送料別


ヒカル小町 Di(デジタルカメラ対応タイプ)
MORRIS ヒカル小町Di
メーカー希望小売価格 7,140円 (税込)
特価 4,760円 (税込 4,998 円) 送料別




バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。