スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


コンパクトデジカメの天井バウンス用スレーブストロボの自作

オークションの出品物や、このブログに掲載する写真を撮るときに、ストロボを上向きに発行させて天井バウンスという方法を使うことがあります。デジタル一眼レフや、高級タイプのコンパクトデジカメでは、クリップオンタイプという外付けのストロボを使って、上向きに発光することができます。

ですが、外付けのストロボをつけられない普及タイプのデジカメは内臓ストロボの向きが前向きに固定されているので、天井バウンスを使えません。そこで、普及タイプのデジカメでも天井バウンスがつかえるようにスレーブストロボを作りました。

使用したストロボはジャンクのワゴンセールで拾ってきたミノルタのプログラムフラッシュ2800AFというタイプです。値段は500円でした。(笑)

一応店頭で発光することだけは確認してきましたが、まぁ使えればラッキー程度の気持ちでした。

ミノルタ プログラムフラッシュ2800AF


ちなみに、ミノルタはα7700iからストロボの取り付け部分(取り付け部分の呼称をシューといいます)の形状を変えたので、私が使用しているコニカミノルタのデジタル一眼レフやソニーのデジタル一眼レフには、アダプターを介さないと取り付けできません。しかも、このストロボ、TTL測光に対応していません。ですので、当時も撮影距離を目測してフィルムのISO感度から絞りを決めるという使い方をする必要がありました。その証拠に、ストロボの裏側には、絞り値の計算尺(!)が内蔵されています。

プログラムフラッシュ2800AFの背面


このように取り付けることもできない、さらにTTL測光にも対応していないという使いにくいストロボですが、購入当初はスレーブユニットを取り付けて、マニュアル発光で使用するつもりでした。ですが、後から気が付いた一つだけ便利なことを発見しました。

それは、スレーブユニットという別のストロボの光を受けて、自分のストロボを発光させるためのアダプターにこのストロボを取り付けて、さらに発光量をLoにすると、デジカメのプレ発光と本発光の両方ともに光ります。

ちょっと話が難しくなるのですが、今のデジタルカメラの大部分はストロボ撮影するときに、ストロボを2回発光させます。それは最初の一回は、発光したストロボの反射してくる量を測定して、2回目の本発光の光る時間を調節するようになっているからです。この1回目と2回目の発光間隔はとても短く、よほど注意してみておかないと分からないです。

従来のプレ発光に対応していないスレーブユニットをストロボに取り付けて発光させると、プレ発光に反応してストロボが光ってしまい、本発光のときまでにチャージが間に合わず、本発光は発光しないという現象が発生します。その結果、スレーブストロボを使ったほうがアンダー露出という、なかなか理解しにくい結果になります。

そのため、市販させているスレーブストロボで、デジタルカメラに対応しているものは、プレ発光のときの光を受けても、発光しないように制御されています。まぁ、逆に言うとこれは本発光だけ発行するので、オーバー露出になる可能性もあるわけですが。

このようにデジタルカメラのストロボ制御はとても複雑なので、通常はフィルム式カメラのストロボやスレーブユニットは役に立たないのですが、偶然(?)にも、このプログラムフラッシュ2800AFはLo発光状態にすると、プレ発光も、本発光もほぼ同じ強さで光ることを発見したのです。

こりぁ、もう使うしかないでしょう。ただ、Hi状態のガイドナンバーが28にたいして、Lo状態にすると、ガイドナンバーが6になります。極端に下がるわけですね。そこで、翌週に同じものをもう一つ入手して2つ同時に使うことで、もう少し明るくなるようにしました。

ちなみに、ガイドナンバー6のストロボを2つ使っても、合計のガイドナンバーは2倍の12にはならず、1.4倍の8.4にしかなりません。

ちょっと前おきが長くなりましたが、スレーブストロボの作り方です。まず今回使用するストロボは発光部分を上に向けるには、本体ごと後ろに倒して使う必要があります。そこで、天井バウンス用に取り付け角度を90度傾けるアダプターを作ります。材料は今まで散々出てきたようにホームセンターの金具売り場から見つけてきました。

天井バウンス用アダプタ

L字型の金具と真っ直ぐな金具をボルトで繋げるだけです。これに2つのストロボを次の写真のように取り付けます。

天井バウンス用のスレーブストロボ

ストロボと金具の間にあるのは、スレーブユニットです。このスレーブユニットの前にある透明の半球に他のストロボの光が当たると、上につないだストロボを光らせる働きがあります。

わざわざスレーブユニットを2つ使わなくても、一つのスレーブユニットの信号を増灯ケーブルで分配すればよかったのですが、反応の遅れがあるかも知れないと思ったのでストロボ1つに一つのスレーブユニットを繋げました。(後からの実験で分配しても動作上問題はありませんでした)

この天井用バウンス用のスレーブストロボですが、これを1/4インチの蝶ネジで三脚なり、ライトスタンドなりに上向きに取り付けます。

ライトスタンドに付けた天井バウンス用にスレーブストロボ

後は、2つのストロボに電池を入れて、切り替えスイッチで発行量をLoに切り替えれば出来上がりです。これで、普及タイプのコンパクトデジカメでも、簡単に天井バウンスがつかえます。

最後になりますが、今回のスレーブストロボは私が持っているペンタックスのオプティオW10とCanonのPowerShot80の2つでしか動作を確認していません。

他のデジカメのプレ発光と本発光の2回にきちんと対応するとかどうかは不明です。
この記事を参考に作られても、もしかしたら他のデジカメには対応できないかもしれせん。
政策はあくまでも自己責任でお願いいたします。





バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。