スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


半透明のアルリル板を背景に使用する

自分の乗っている車のミニカーとかおもちゃ、ラジコンなどを集めている方は多いのではないでしょうか。私の愛車は三菱のパジェロなのですが、やはりパジェロのミニカーやおもちゃを見かけるとついつい購入してしまいます。挙句の果てには『パジェロのおもちゃ』というブログまで開いています。
今回は、そのブログに掲載したおもちゃの撮影方法について、種明かしをして見ます。
今回、掲載したおもちゃはこちらです。

パジェロエボリューションのラジコン

このラジコン、パッケージの真ん中に空洞ができていて、そこにラジコンが飾られています。このパッケージだけで十分にコレクションとして飾れそうな完成度です。しかし、見ての通り、撮影の仕方を考えないと、空洞の裏側の様子までばっちり写されてしまいます。まぁ、上の写真はわざと空洞が分かるように手をかざして撮影したわけですが、裏に白い紙を置いて撮影しても、あまり綺麗には撮影できそうにありません。

見栄えのある写真にするために、空洞の裏側の背景を真っ白にして、さらにラジコンそのものも綺麗に写したいところです。そこで、今回、使用したのは、ホームセンターで購入した乳白色の半透明のアクリル板です。このアクリル板の裏側からライトを当てて撮影すれば、空洞部分の余白が綺麗に撮影できそうです。

というわけで、撮影風景はこのようになりました。

乳白色の半透明アクリル板を使用した撮影風景
乳白色の半透明アクリル板を使用した撮影風景

メインのライトは上側からはディフューザーに100円ショップの傘を使い、さらに自作のライトで照らしています。そして、ラジコンの後ろにはアクリル板を立てかけて、その裏側から蛍光灯のライトで照らしています。こうすることによって、アクリル板全体が透過光で照らされる状態になります。

このままでは、箱の正面側と向かって右側の側面がすこし暗くなりすぎるので、レフ板ですこし照らすようにしました。レフ板は余っていた三脚と、部屋に転がっていた工具箱に立て掛けています。

このようにして、撮影した写真が以下の2枚です。

アクリル板の裏側から照らして撮影した写真
アクリル板の裏側から照らして撮影した写真

どうです?背景が白く写されて、すっきりとした印象になりませんか?
このように乳白色の半透明なアクリル板は、結構使えるので、いくつかのサイズを用意していると、何かと便利ですよ。


アクリル板乳半(押出し) 板厚(3ミリ) 450×600


アクリル板乳半(押出し) 板厚(3ミリ) 1100×1300




バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。