スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


背景の色を変えて商品撮影をしてみよう

オークションに出品するための商品撮影ですが、床に直に置くのは論外として、少し気をつけている方でも殆どは白色の背景を使っているのではないでしょうか。たとえば、こちらのショットグラス、普通に背景を白色にして、撮影してみました。ただし、背景が真っ白ですので、露出補正はプラス側にしています。(露出補正について知りたい方は『出品用の写真が暗く写ってしまう理由』を参考にしてください)

ショットグラスの背景を白色で撮影

この写真は、『敷くだけの簡単な背景装置』で紹介したカラーボードを背景に使用して、天井の蛍光灯だけで撮影しました。それなりに綺麗に写っていますが、どうもグラスが安っぽいです。もう少し工夫して、高級感を持たせるようにしてみようと思います。


最初の写真では、背景は白色で清潔感は出ていますが、当てている光が天井の蛍光灯ですので、影がくっきりと出てしまい、どうも安っぽく見えます。そこで、少し照明と背景に力を入れて撮影してみました。

ショットグラスの撮影風景

まず照明は「撮影用の照明は真上より少し後ろから」に記載したとおり、上方のやや後方から照らすことしました。今回は、よりフラットに光を照らしたかったので、ストロボの光を傘でバウンスして、更にゴミ袋のディフューザーを通して照らしています。また背景はカラーボードではなく、より質感の高いケント紙にしました。

さらにレフ板ですが白いレフ板を使用すると、このようなガラス製品はエッジが背景に溶け込んでしまい、はっきりと見えなくなるので、あえて黒いレフ板(光は反射しないけどね)を斜め前にかざして、グラスに黒のレフ板が写りこんでエッジがくっきりと見えるようにしました。
手前のライトスタンドはピント合わせのための補助用です。実際にシャッターを切るときは消しています。このようにして撮影した写真が次の写真です。

ショットグラスを照明にこだわって撮影する

少し、光をフラットに照らしすぎたようです。グラスの影は目立ちませんし、ショットグラスの淵も綺麗に写っていますが、1枚目の写真と比べるとハイライト部分に乏しいので、グラスのキラキラ感が表現できていません。まっ、ディフューズするのも万能ではないということです。

次に背景の色を変えてます。今回は背景を黒くしてみました。背景の黒は文房具コーナーで購入してきた、これもケント紙を使用しました。
ショットグラスの背景を黒色にしてみる

背景が黒くなると、透明なガラス製品は背景に溶け込んでしまうので、今度は白いレフ板を使用します。このレフ板は照明を反射させて明るくするのが目的ではなく、グラスにレフ板を写し込んで、エッジを白くくっきりと見せるのが目的です。このようにして写した写真が下の写真です。
ショットグラスの背景を黒くして、撮影したもの

どうでしょうか?最初や2枚目の背景が白色の物と比べて、ずいぶん違っていませんか。背景を黒くして高級感を出して、さらに白いレフ板でグラスのエッジをはっきりと見せることで、グラスの透明感も表せています。
ちなみに、このショットグラスの値段は100円ショップのダイソーで税込み105円で購入してきました。(笑)
105円のグラスでも、背景を工夫すれば、ずいぶんと高級に見せることができます。今まで、写真の背景が白一色だった方、たまには背景の色を変えて撮り比べて見ませんか?


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。