スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


撮影用の照明は真上より少し後ろから

商品撮影いわゆる「ぶつ撮り」に興味が出てきて、時計の特集をした雑誌とか、そのほかグッズ系の雑誌を買ってみることが増えてきました。
そのような雑誌の商品紹介の写真を見てみると、影の出方などから、ほとんどが被写体の真上より少し後ろ側からライトを当てて撮影していることが多いのに気が付きました。
トップライトでもなく、逆光でもなく、半逆光というのでしょうか、少なくともカメラ側からの順光で撮影されている写真はほとんどありませんでした。
というわけで、少し実験してみました。被写体は、たまたまコンビニで綺麗なボトルを見つけたOra2という洗口液です。ピンクのボトルが綺麗なので、いろいろと写真撮影で遊べそうです。
先ずはお約束のフラッシュを使ったダメダメ写真から

Ora2をフラッシュだけで撮影する

コンパクトカメラはフラッシュの発光部がレンズの真上に来ていないので、影が斜めに出ています。それが幸いしてか、立体感は完全には損なわれていませんが、とても綺麗な商品には見えません。

次に、室内の天井にある蛍光灯を使って撮影しました。蛍光灯はカメラの左斜め後方から照らしています。写真のできばえは、まぁ、無難な写真というところでしょうか。光の関係かボトルの透明感がいま一つ伝わってきません。
Ora2を室内蛍光灯だけで撮影

次に、自作した撮影用のライトを使用して、被写体の上方のすこし後ろ側から照らすようにしてみました。ボトルの陰がうっすらと手前に出ているのからも分かると思います。
Ora2を自作撮影用ライトで、ななめ上方から照らす

おぉ、キラキラとしたボトルの透明感が伝わってきて、予想以上に綺麗です。
どうやら、雑誌の商品写真が、上方のやや後ろから撮影している理由はそれなりに理由があることが分かりました。

書き忘れるところでしたが、撮影用のライトを後ろ側から照らすだけでは、手前側のラベルとかが暗く写ってしまうので、レフ板を使用して、暗くなる部分を明るく照らす必要があります。
最後の写真はこのようなセットで撮影しました。
後ろから撮影用ライトを照らすためのセッティング例

手前側にはレフ板で正面のラベルが陰にならないようにして、さらに上側には、ライトの光を拡散させるために自宅のディフューザーをかざしています。
背景は普通の文具屋さんで購入したケント紙を垂らしています。

セットがちょっと大げさなようですが、どれもこのブログで紹介した自作物ばかりですので、だれでもこれぐらいの撮影は簡単にできると思います。
オークションのために商品撮影は、ライトを上方のすこし後方から照らす。これだけでずいぶんと商品の見栄えがよくなります。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください



おっくんさん、こんにちは!
今回もまた素晴らしく凝っていらっしゃいますね♪

ワタシも陶器の撮影を勉強しているとき、図録などを見ていて気づいたのですが、半逆光での撮影が多いのですよね。

とはいえ、自分で実践しようとするとなかなかうまくいかなくて???。
ライティングは本当に奥が深いです。
by: きょん@カメラ女子 * 2008/07/23 12:19 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。