スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


写真撮影用ブームスタンドの自作

オークションに出品するときの写真撮影が重要なのは言うまでもありませんが、その撮影は何かと面倒です。その撮影を少しでも簡単に綺麗に撮影できるようにと、自分なりにいろいろと工夫して、必要に応じて道具を作ってきました。
IMGP2801.jpg

たとえば、上の写真は、真上からライトを照らして、出品物を撮影するときに影ができないようにしたブームスタンドです。

写真用品のホームページとかヨドバシカメラなどを覘くと、商品撮影用のブームスタンドと、撮影用のライトがあります。ですが、そのような道具はプロの酷使に何年も耐えられる材質と作りですので、とても高価です。

もちろん、専用の道具が良いのは確かですが、数百円とか数千円とか、高くても1万円前後の出品物のために購入するのは馬鹿げています。そこで、カメラ用の三脚を使ってブームスタンドを作ることにしました。
材料はこれ。
IMGP2787.jpg

貧乏工作の友、近所のホームセンターで購入してきたアルミ材と、ナットです。材料費は全部で400円もしなかったと思います。アルミ材は断面がコの字型で、長さが1メートルです。長さはあまり長くても三脚が倒れてしまうので1mぐらいが実質的な限界だと思います。

またナットは三脚のカメラ固定用のねじを使用するので、W1/4という規格です。いわゆるインチ規格の1/4インチねじです。ミリ規格を購入すると、ねじが合わず固定できませんで、注意してください。

インチ規格のねじは、ホームセンターによっては、もしかしたら置いていないかもしれません。そのときは、折りたたみ傘の修理キットにある先端のプラキャップを探してください。実は折りたたみ傘の先端のキャップを外すと、そこが1/4インチのねじになっていて、カメラを固定する時のねじと同じ規格です。ですので、話が脱線しますが、折り畳み傘を逆さまに使えば一脚として使うことも可能です。

話を戻して、材料の話。アルミ材は、購入した1/4インチのナットがコの字型の溝にすっぽりと入って、自由に回らないサイズにしてください。そのほうがナットを固定するときにアルミ材の内側でナットを押さえることになるので、何かと都合がよいです。私が購入したのは溝の内幅が10mmのアルミ材です。

なお、折りたたみ傘の修理キットを流用した場合は、先端のキャップの幅に合うアルミ材を使うか、キャップがアルミ材に合うようにヤスリで削ってください。

言い忘れましたが、この材料のほかに使う道具は、電気ドリル、直径が7ミリ~8ミリのドリルの刃、瞬間接着剤です。

まずアルミ材のコの字型の底の部分に7ミリから8ミリの穴を開けます。
IMGP2792.jpg

写真では穴の裏側にナットが見えていますが、作成し終わった後で写真を写したのでこのような写真になってしまいました。

なお直径7ミリもの穴となると、太いドリルの刃で一発で正確に穴を開けるのは難しいので、最初は3ミリぐらいの穴を開けて、その後で太いドリルで開けるようにするとうまく空けられます。

そして、穴が開いたら、アルミ材の溝の部分にナットを置いて、ナットの両側から瞬間接着剤で動かないように固定します。このとき、ナットを目標の場所においてから、瞬間接着剤を横から垂らすようにすると、ナットのねじ穴を埋めず、場所もずれないで上手に接着できます。
IMGP2795.jpg

瞬間接着剤は衝撃に弱くて、本来金属同士を接着するのは不向きです。ですが、今回の目的ではあまり力が掛かるところではないのと、アルミ材の両側の壁がナットが回るのを抑えてくれるので、実用上は特に問題ありませんでした。

で、瞬間接着剤が乾いて、完全にナットが固定されたら、三脚の雲台の上に乗せて、カメラ固定用のねじで、アルミ材を固定します。
IMGP2804.jpg

こうすると、最初の写真のように三脚から横に水平の棒が突き出す形になるので、後はこの棒にライトをぶら下げれば良いだけです。

なお、写真一枚目に移っているライトは、工事用のハンドランプに、100円ショップで購入してきた(調理道具の)ボウルを被せて反射鏡代わりにしたものです。これの作り方も、そのうち紹介しようと思います。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。