スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


ホワイトバランスを調節してみよう

出品用の写真が暗く写ってしまう理由については、前回説明しました。暗く写ってしまうのと同じぐらい、多い悩みが、色が変に写ってしまう、色がおかしい、赤っぽい、青っぽい、というものではないでしょうか。

実は電球にしろ、蛍光灯にしろ、照明器具が発する光には、その器具特有の色が付いています。人間の目は非常に優秀で、電球の下で見たものでも、太陽の下で見たものでも、白い色は白、赤い色は赤と、見ることができるのですが、カメラはそのようなことができません。カメラには、照明の色がかなり影響してしまいます。

デジタルカメラには、オートホワイトバランス(AWB)といって、照明の色を自動で識別して、できるだけ正しい色で表現する仕組みがあります。ですが、それでも完全に調整しきれるわけではありません。

以下に、室内蛍光灯、蛍光灯タイプの卓上スタンド、工事用のワークライトを利用したした自作の撮影用ランプで、同じものを撮影してみます。

先ずは、室内用の天井からぶら下げられている蛍光灯で撮影してみました。
オートホワイトバランス-室内用の蛍光灯で撮影


次に蛍光灯タイプの卓上スタンドで撮影してみました。
オートホワイトバランス-卓上スタンドで撮影


最後に工事用のワークランプを改造した自作ライトで撮影してみます。
オートホワイトバランス-自作の撮影用ライトで撮影


画像が小さくて、少しわかりにくいですが、3つとも、微妙に色が違っています。
特に背景の白い部分に着目すると、色が違ってきているのが分かると思います。
フィルム式カメラと違って、蛍光灯とは比較的相性の良いデジタルカメラですが、それでも蛍光灯の種類によって、微妙に色が違ってきます。

では、どうするか?

デジタルカメラには、ホワイトバランスという白色をきちんと、白色に調節する機能があります。
残念ながらホワイトバランスの調整はメーカーによって、カスタムホワイトバランスと表したり、マニュアルホワイトバランスと表したり、単にホワイトバランスと表したりバラバラです。ですが、どのメーカーも共通するのは、事前にいったん白い紙などを写して、色を調節してから、本撮影に挑むということです。
下の写真はキヤノンのパワーショットシリーズのマニュアルホワイトバランスの設定画面です。
キヤノンパワーショットシリーズのマニュアルホワイトバランス

ホワイトバランスの調整は、このようにメニューなどからいったん設定画面を表示して、画面中央付近の白枠で示されたところなどに、真っ白の紙などを写して、調節ボタンを押します。(これもメーカーによってSETボタンだったり、シャッターボタンだったりバラバラです)

白データの取り込みは、厳密な調節には、専用の用紙(18%グレー反射板)を使用しますが、コピー用紙やプリンター用紙など、人間の目で見て色が付いてなければ、実用上大きな問題はありません。白データを取り込んでいる様子の写真を以下に示します。
ホワイトバランス-白データの取り込み


このようにして、ホワイトバランスを調節して、各照明の種類ごとに撮影した画像が以下のとおりです。上から順番に室内用蛍光灯、卓上スタンド、工事用ワークランプです。
ホワイトバランス調節済み-室内用蛍光灯

ホワイトバランス調節済み-卓上スタンド

ホワイトバランス調節済み-自作の撮影用ライト

ちょっと横着して、露出をマニュアルではなくカメラ任せにした(露出補正は+1.3)ので、多少明るい、暗いの違いはありますが、最初の3枚の写真と比べると、色の違いがずいぶんと少なくなっているのが分かると思います。

出品用の写真撮影をして、色がおかしい、変だと思ったら、まずはホワイトバランスの調節をしてみてください。


関連記事
18%グレー標準反射板-ホワイトバランスの調整に便利
自作グレースケールカードを使用したホワイトバランスの調整


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。