スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


オークションの写真撮影-ルーペで拡大する

不用品を出品していると、あらゆる大きさの物を撮影することになります。こちらで紹介したマウンテンバイクのフレームのように大きなものも大変ですが、実は小指の先ほども小さい電子部品とか、釣り道具の小型ルアーなど、小さいものも結構大変です。
下の写真は600万画素のコンパクトカメラを使って、ピントの合う範囲でもっとも近づいて10円玉を撮影したものです。
IMGP2910-1.jpg

ただし、上の写真は10円玉だけを切り抜くようなことをせず、ネットに掲載できるように横800ピクセル以内に縮小したものです。

Yahooオークションでは、掲載できる写真の最大サイズが縦横600ピクセル以内(それ以上はサーバー側で勝手に縮小されて表示される)ですので、10円玉を縦横600ピクセルで切り抜いたものが下の写真です。
IMGP2910.jpg

さすがに600万画素もあると、その中央部分だけを600ピクセル分だけ切り抜いても、そこそこに大きく写せます。品物そのものを写す場合には、Photoshopなどで必要な部分だけ切り抜けば、十分に実用的です。

ですが、時には極わずかな傷があることを伝える必要になることもあります。私の場合、たとえわずかなキズでも、目視確認できるのであれば、トラブル防止のためにもできるだけ傷を拡大撮影して出品時に伝えるようにしています。

そんなとき、私がよく使う方法がルーペです。ルーペ、要するに虫眼鏡ですね。私が今愛用しているのは下の写真のような自立できる台がついた虫眼鏡です。
IMGP2916-edited.jpgIMGP2919-edited.jpg

ずいぶん前にホームセンターの文具売り場で見かけたので、製品名も値段も忘れてしまいましたが、値段はたしか500円もしなかったように思います。

これをどのようにして使うかというと、今回の10円玉では下の写真のようにセットして撮影しました。
PICT2334-edited.jpg

つまりデジタルカメラのレンズ、ルーペ、対象物が一直線に並ぶように並べるのです。
こうして、撮影した写真の全体はこんな映像になります。
IMGP2913-edited.jpg

さらに、中央の10円玉だけをYahooオークションで認められている縦横600ピクセルで切り抜きと、こんな感じになります。
IMGP2913.jpg

拡大して撮影できることだけを表したかったので、ライティングは手を抜きました。というか何もしていませんので、10円玉が暗く写っている点はご了承ください。

いかがでしょうか?ルーペ一つで、結構拡大できるでしょ?

今回は自立できるルーペで撮影しましたが、ルーペの取っ手を重ねた本で挟んで支えたり、あるいは三脚さえあれば、ルーペを片手で支えながら、撮影することだって可能です。(ただし、手ぶれならぬルーペぶれの可能性が高いので、必ず何枚か撮影しておきましょう。)

カメラのマクロ機能がもう一歩物足りない方、ぜひお試しください。



バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。