スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


レフ板のセッティングを楽にする-すべり止めシートを使用する

商品撮影いわゆる物撮りをするときの、レフ板の重要性は言うまでもないと思います。レフ板は市販の物もありますが、商品撮影では色々な大きさが必要になるので、コピー用紙や画用紙、厚紙など使用して、その場で使いやすい大きさのものを自作することが多いです。

作るといっても、単に紙を二つに折り曲げて、立てかけるだけですので、特別な技術は必要ありません。ですが、このようにして自作したレフ板は、ライティングのセッティング中に、ちょっと手が触れただけで倒れたり、折り曲げた部分が開いてしまうことも多く、イライラすることがあります。たとえば、こちらの写真のように。
自作のレフ板が開いて倒れてしまった例
このように自作のレフ板が開いて倒れてしまう場合、ちょっとした一工夫で、それを防いで簡単にセッティングできる方法があります。

それは、市販のすべり止めシートを使います。すべり止めシートとは、玄関マットのずれを防いだり、車のトランクの中で荷物が動き回るのを防止するために使うためのもので、目の細かい網をゴムでコーティングしたもの、あるいはゴムをネット状に加工したものを言います。
市販のすべり止めシートをレフ板の支えに使う
ホームセンターのインテリア用品売り場とか、車用品売り場に行けば、売っていると思います。購入する際は、被写体への色被り防止や、写り込みに影響がないように、色は白と黒の2色を用意しておくと良いでしょう。

このすべり止めシートを適当な大きさに切って、レフ板の下に敷きます。
すべり止めシートをレフ板の下に敷く

すると、レフ板が撮影の途中で開いてしまったり、軽く手が触れてだけでは倒れにくくなり、驚くほどセッティングが楽になります。レフ板のセッティングに苦労されている方は、ぜひお試しください。


関連記事『レフ板の色の違いを比較してみる




★楽天ですべり止めシートの最安を検索する★




バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。