スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


ガラス製品を黒バックで撮影してみた-高級感を演出するために

ガラス製品を撮影するときのコツとして、輪郭を強調するために、回りに黒い画用紙を置いて輪郭を強調すればよいと、『ガラス製品の撮影をするとき-透明感を出すために輪郭を強調する』や『ガラス製品の撮影をするとき-更に輪郭を強調して撮影する』の記事で紹介しました。
白い背景は、清潔で清々しいイメージを演出するのには良いのですが、逆に平凡すぎて、高級感には乏しくなります。では、高級感を演出するにはどうするか、白色とは逆の黒い背景で撮影すれば、高級感は演出できるような気がします。そこで、黒い背景に白い輪郭を写しこんで撮影してみました。
まずは最初のトライアルです。
背景紙を黒色にして、ガラス製品を撮影してみる
どうでしょうか?黒バックでも無地のガラス製品が浮き上がって見えますよね。

最初の写真は前回の白い背景で撮影したときとほぼ同じ並べ方で、白黒を逆転させただけです。もちろん、輪郭を強調するために透明なアクリル板の上に乗せて、白い紙を写し込んで撮影しました。
(撮影時の様子を撮影し忘れました^^;)

ですが、よく見ると、底の辺りや後ろ側の上部の縁に、レフ板がうっすらと心霊写真のように(^^;)写りこんでいます。
レフ板が写りこんでいる
どうやら、黒い背景でガラス製品を撮影するには、白い背景のとき以上に写りこみに気をつけないといけないようです。
ここから、数時間掛けて、いろいろと試行錯誤しましたが、
輪郭はくっきりとした白が強く写し込まれる。
ガラス表面にはうっすらと白色がムラなく写し込まれる。

という結果には上手くできませんでした。(涙)
そこで、せめて輪郭だけでもくっきりとして、ガラス表面には余分な写り込みがないように方針を変えて、撮影をしてみました。撮影したときの状況はこちらです。
背景紙を黒にして、ガラス製品を撮影するときのセット

背景紙を黒にして、ガラス製品を撮影するときのセット

前回と同じく、ガラス製品を透明なアクリル板の上において、背景紙から浮かせてセットして、輪郭が強調されるように細長く切った白い紙をコの字型に並べます。更に、余分な写り込みができないように、周りを片っ端から黒い画用紙で囲んでいきます。囲むときは、被写体に写りこむ様子をよく見ながら、あっちこっちに画用紙を移動させて最も写り込みができない位置を探りました。
で、このようにして撮影したガラス製品の写真がこちらです。
黒バックで無地のガラス製品を撮影する
最後の写真はクリックすると、幅1024ピクセルに拡大できます。
どうでしょうか?最初の写真に比べると余分な写り込みがずいぶん減ったと思いませんか?
黒い背景で撮影すると、高級感は演出できる(ような気がする)のですが、白バック以上に、写り込みのコントロールが大変でした。また時間をみて、望みのイメージに近づけられるように再チャレンジしてみます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


使用するレンズについて
こんにちは、コメントありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。当blogが何かのお役に立てれば
とてもうれしいです。

物撮り用のレンズですが、実は一番良く使っているのは、ミノルタのDiMAGE A1(ディマージュ エーワン)という2003年発売の500万画素のレンズ一体型デジタルカメラです。(^^;)

DiMAGE A1のスペックはこちらです。
http://konicaminolta.jp/about/release/2003/0807_02_01.html

物撮りとして使う焦点距離は35mmフルサイズに換算して100mmから200mmの範囲でしょうか。

DiMAGE A1の作例は
http://delightauctions.blog95.fc2.com/blog-entry-64.html
の記事にも記載しています。

あと、ソニーのα700も使いますが、こちらも物撮りで使用するときは、85mmF1.4、100mmマクロ、200mmF2.8の短焦点レンズが多いです。85mmF1.4と200mmF2.8はマクロレンズではないので、最短撮影距離より近くで使用したいときは、接写リングを使用しています。

あとは銀塩時代のタムロンの28mm-200mmのズームレンズで、こちらも使用する焦点距離は100mm以上が主体です。

何をどのように撮影するかによって、使用するレンズは異なると思いますので、一概に何が良いか正解はないと思います。私の場合は、遠近感が強調されて被写体が歪むのが好きではないので、比較的長い焦点距離を好んで使用しています。

また焦点距離が長いと、背景の写る範囲も狭くなるので、背景の整理がしやすいというメリットもあります。

50mmマクロレンズも持っていますが、部屋が狭くてどうしても後ろに下がれない場合とかで使用することが殆どですね。

ご質問頂いたレンズですが、詳しいスペックは不明ですが「物撮りだけ」の撮影に私が使うとしたら50mm以下の焦点距離を使うことは滅多に無いので、少し焦点距離が短いような気がします。

お使いのカメラの撮像素子のサイズが不明ですが、一般的なAPS-Cサイズとしたら、望遠側は少なくとも100mmぐらいは欲しいかなと思います。

フォーサーズなら、たしか35mmフルサイズ換算で焦点距離は2倍になるので、これぐらいでも十分に使えそうですが。

レンズの開放絞り値については、私が使う場合は、F5.6とかF8.0に絞って使うことが殆どですので、F値固定の大口径ズームはあまり必要ないです。

ただし、開放絞り値については、テーブルフラワーを撮影される方などは解放絞りで背景をぼかして、幻想的な写真を好まれる方もいらっしゃいますので、一概に必要ないとは言い切れませんね。

三脚を据えて、じっくりと撮影するのでしたら、大口径レンズよりも、18mm-200mmとかの高倍率ズームにクローズアップフィルターとか、接写リングという組み合わせも意外と使えますよ。余ったお金はライティング機材を自作するときの材料費にしましょう。(^^)

あくまでも私の撮影スタイルでの意見を書かせて頂きました。
あまり参考にならなかったらごめんなさい。(^^;)
by: おっくん * 2009/05/12 01:41 * URL [ 編集] | UP↑
はじめましてこんにちは
物撮りについて探していたらこのサイトにたどり着きました!
とっても分かりやすく詳しいので感動していたところです。ありがとうございます。

物撮り用のレンズは何を使用されておられますか?差し支えなければ教えてください。
わたしは下記2本のどちらかに決めかねているところです^^;

・TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
・SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
by: mari * 2009/05/11 11:41 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。