スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


ガラス製品の撮影をするとき-透明感を出すために輪郭を強調する

使わなかった引き出物のガラス食器などをオークションに出品したことがあります。そのとき、撮影でガラスの透明感を表現するのに苦労しました。色々と試行錯誤した結果、透明感を表すには、透明に撮影するのが一番良いことに気が付きました。透明に写すとは分かりにくいですが、たとえば、こちらの写真は、ガラス製のミルクピッチャーを写した写真です。物は例のごとく、100円ショップで購入したものです。
ガラスの透明感を表して撮影した写真
通販カタログの写真には遠くおよびませんが、それなりに透明感が表せていると思いませんか。よく見てみると、ガラス製品の胴体部分には殆どの何も写っておらず、背景紙の白色がそのまま映されています。その代わり、製品の輪郭はぐるっと黒色で縁取りされたように写っています。

このように輪郭がはっきりしていると、胴体部分は何も写っていなくても、人はガラスでできた容器と見ることができます。これが透明感を表すために、透明に写すという意味です。では、どうすれば、このように映すことができるのでしょうか。

まず最初に、ガラス製品の透明感を映すためには、基本として逆光で撮影することです。プロの広告写真家などは背景紙の終わりに乳白色のアクリル板などを用いて、アクリル板の裏側から、カメラ側に向かってライトを照らしたり、ストロボを光らせたりするそうです。

ですが、わざわざコップ一つを撮影するために、アクリル板を用意するのも、大げさなので、ここは例のごとく『撮影用の簡易スタジオを自作する-ダンボール箱を切り開いて0円で』で紹介したダンボール箱製の簡易撮影スタジオを使用してみます。
簡易撮影スタジオを利用して逆光で撮影する
ご覧の通り、簡易スタジオのやや手前にガラス製品を入れました。このまま上側からライトを照らすだけでは、逆光にならないので、箱の上側、手前半分ぐらいを黒い布で覆って光をさえぎります。
簡易スタジオの上側の手前を覆って逆光を作る
こうする事によって、ガラス製品の真上から照らされる光をさえぎって、簡易スタジオの奥側を照らす光を利用して撮影します。
早速撮影します。まずは露出補正なしで撮影してみます。
ガラス製品を露出補正なしで撮影
はい、予想通り見事に露出がアンダー側になってしまいました。それでは、プラス補正をして見ましょう。まずは+1段の露出補正で撮影してみます。
ガラス製品を+1段の露出補正で撮影
かなりイメージに近くなりましたが、まだ露出がアンダー気味です。


では、次に+1.3段(1+1/3段)の露出補正で撮影します。
ガラス製品を+1.3段の露出補正で撮影
だいぶ、透明感と清涼感が出てきました。

次に+1.7段(1+2/3段)の露出補正で撮影します。
ガラス製品を+1.7段の露出補正で撮影
背景はずいぶん白くなってきて、ガラス製品の透明感は表現できているようです。

ついでなので+2段の露出補正で撮影してみます。
ガラス製品を+2段の露出補正で撮影
はい、完全に露出オーバーでした。ガラス製品の輪郭が完全に背景に溶け込んでしまい、製品の形がはっきりしません。ちなみに、+2段の露出補正で撮影したサンプルも、背景の白色はぎりぎり白飛びしていません。(値を見ると、RGBの値がそれぞれ252でした。)

露出補正無しから、+2段の露出補正まで試してみましたが、冒頭の最初の写真と一致するものがないことにお気づきになったでしょうか。比較のためにもう一度冒頭の写真を掲載してみます。
ガラスの透明感を表して撮影した写真
実は、上の2つの写真はどちらも同じシャッター速度、絞りで撮影したものなのです。
(絞りはf8.0、シャッター速度は1/8秒で撮影)

では、どうして片方は輪郭がぼやけてしまい、もう片方は輪郭がくっきりと写っているのでしょうか。それは、写し込みという方法を利用しているのです。そろそろ、もったいぶらないで、種明かしをしますね。撮影の様子はこのようになりましました。
ガラス製品の商品撮影をするときは写し込みを行う

ガラス製品の商品撮影をするときは写し込みを行う (拡大)

簡易スタジオの箱の上側、手前半分ぐらいの光をさえぎっているのは同様ですが、更にガラス製品を取り囲むように黒画用紙を並べています。もちろん、黒画用紙は写真に写らないギリギリの距離に近づけています。、

こうすることによって、ガラス製品の輪郭に黒い画用紙が写しこまれて、輪郭が背景紙に溶け込まず、くっきりと強調して撮影することできます。ワイングラスやショットグラスなど、ガラス製品の商品撮影をするときは、ぜひお試しください。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。