スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


白い物を白い背景で撮影するとき-背景紙にグラデーションの影を入れる

白い物を白い背景紙を使って撮影するときは、気をつける必要があります。それは、被写体の輪郭が背景に溶け込んでしまい、締りのない写真になってしまうことです。
たとえば、こちらの写真をご覧ください。
メモリカードリーダーの背景に影を入れない場合
この写真は以前に紹介した『撮影用の簡易スタジオを自作する-ダンボール箱を切り開いて0円で』を使用して撮影したものです。

ごらんのように、可もなく不可もなくという写真ですが、メモリカードリーダの輪郭と背景の輪郭の色が近いので、どうも写真にしまりがありません。

被写体の色と背景の色が近い場合、写真にしまりを出す方法は幾つかあります。その一つの方法は背景紙にグラデーションペーパーを使用して、写真に奥行きを持たせるものです。グラデーションペーパーについては、『背景用紙を工夫しよう-グラデーションペーパーの勧め』や『背景紙を格安で自作しよう-グラデーションペーパーを自作する』などをご覧ください。

今回は、グラデーションペーパーを使わずに、背景に影を入れることによって、写真に奥行き間を持たせて、被写体の輪郭がはっきりと見える方法をご紹介します。

まずは撮影時に全体風景から。
背景に影を入れる-撮影の様子
もう種明かしはしたも同然ですね。被写体の上側から黒い布を垂らして、背景紙の部分に影が入るようにしています。黒い布は100円ショップで購入した手芸用の黒いフエルトです。これを簡易スタジオの幅に切断して、上から垂らせるようにしました。フエルトは、簡易スタジオの上にディフューザーとして置いた乳白色のアクリル板の両側から大き目の洗濯バサミで挟んでいます。
黒い増えるとをアクリル板の両側から洗濯バサミで固定

コツはフエルトの垂れる部分を背景紙より手前、被写体より少し後ろ側にすることです。こうすることにより背景に綺麗な影が入ります。また垂らす長さは、影の出方を見ながら調節すればよいのですが、垂らしすぎて撮影する構図の中に垂れたフエルトが写らないように注意してください。

このようにして撮影した写真が下のようになります。
背景に影を入れて撮影したメモリカードリーダー

いかがでしょうか?最初の写真と比べて、写真にしまりがあって、奥行きができたと思いませんか?
背景紙(グラデーションペーパー)を使うのも一つの方法ですが、グラデーションペーパーが無くても、背景にグラデーションは演出できます。またこの方法は垂らし方を変えることによってグラデーションが始まる場所や濃さを自由に調節できる利点もあります。

白い物を白い背景で撮影する場合は、一度お試しください。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。