スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


ハクバ写真産業デジカメスタジオボックスのレビュー

今年の初めになりますが、ハクバ写真産業が主催されている写真の学校というSNS?の『物撮りバンザイ』というサークルで、物撮りフォトコンテストが開催されていました。

今までコンテストなるものに応募したことは全くなかったのですが、一度ぐらい応募してみてもよいかな?と思って、応募してみました。ちなみに応募した作品はこちらです。
物撮りフォトコンテスト応募作品

そのフォトコンテストの結果ですが、残念ながら入賞者はなし。ですが、何人かにハクバの撮影用品のモニタープレゼントがされることになって、私もその中の一人に選んでいただけました。

で、先日、その撮影用品が届きました。届いたのは、デジカメスタジオボックス45デジカメ撮影スタンドスタンドライト リングタイプの3つでした。

デジカメスタジオボックス45、デジカメ撮影スタンド、スタンドライト リングタイプ
梱包の中には律儀にも納品書なるものまで同梱されていました。(笑)

前置きが長くなりましたが、今回はまずデジカメスタジオボックス45について、実際に使用したときの感想をレビューしてみようと思います。

デジカメスタジオボックスをみて、最初の感想は、『ずいぶんコンパクトやなぁ~』でした。45センチ角の簡易スタジオが長さ49cm、幅9cm、厚み5cmぐらいの筒状に収納されています。専用の収納袋から取り出したときの様子がこのような状態です。

デジカメスタジオボックス45収納時の状態


私自身が今まで使用していた簡易スタジオや店頭で展示されていた簡易スタジオと比べても、収納状態のコンパクトさは群を抜いていると思います。ちょっと大き目の折り畳み傘を想像すれば、収納場所に困らないことは想像していただけると思います。

早速組み立ててみます。いくら収納時にコンパクトでも、組み立てるのに時間が掛かれば、やがて使うのが面倒になって、押入れか物置の肥やしになりかねません。スタジオボックスの本体は筒状に丸められているので、解くと三角形の状態になります。それを下の写真のように順番に開いていくと、四角形の形が現れます。
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その1
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その2
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その3
ここから少し説明が難しいのですが、スタジオボックスの本体が反時計回りに捻るように折りたたまれているので、上の写真の状態で、一番上側にある向かい合わせのフレームを持って、時計回りに開きながら持ち上げます。
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その4
開ききると、四角い枠に張られた立方体の本体が現れます。
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その5

この収納方法、最初に開いたときは、そのアイデアの良さに感動しました。
こうやって開いたスタジオボックスの本体ですが、この状態ではまだ立方体が固定されておらず、ぐにゃぐにゃで自立できない状態です。そこで、樹脂でできたL字型の固定用のプレートを2箇所に嵌め込みます。
デジカメスタジオボックスの本体の展開方法その6

プレートを嵌めると、本体が自立できるようになります。自立すると、このような姿になります。

デジカメスタジオボックスの本体-正面から
デジカメスタジオボックスの本体-斜め前から
写真と言葉で説明すると、長くなりましたが、実際に組み立てに要する時間は1分も掛からないと思います。とても手早く組み立てられるので、大きな心構えをすることもなく、手軽に使えると思います。

組み立てたスタジオボックスの本体は全体が白色のナイロン生地で包まれていて、どこから光を当てても光が綺麗にディフューズされそうです。また床に接する部分はバックスクリーン(背景用の布)がくるので、スタジオボックス本体にはナイロン生地が張られていません。バックスクリーンは2枚、裏表で色が違っていて、黒、白、ライトブルー、ライトグレーの4色が使えます。これも、他の簡易スタジオでは、多くても2色、それも青と白などの組み合わせが多いので、色かぶりを避けると白しか実際には使えないので、黒と、ライトグレーがある、この製品はとても使い勝手がよいと思います。
バックスクリーンをセットしたときの姿はこのようになります。
デジカメスタジオボックスにバックスクリーンをセットする
このバックスクリーンは、上部にフレームが入っていて、そのフレームがマジックテープ(ベルクロ)で覆われています。スタジオボックス本体の後ろ側にも、マジックテープがあって、それぞれを貼り付けるようにして固定します。
バックスクリーンの固定方法

このようにして、撮影したサンプルがこちらです。いつも同じぬいぐるみですいません。(汗)
デジカメスタジオボックスを使用したサンプル

ライティングは、スタジオボックスの上部から、今回送ってもらったリングタイプのスタンドライト1灯だけで照らしています。(スタンドライトのレビューはまた後日)ごらんのように全体的に綺麗に光が回って、ぬいぐるみの質感がとてもよく写っています。

組み立ても簡単、ライティングも特に凝ったことをしなくても、全体的に綺麗に光をまわすことができるので、手軽に撮影するには、とてもよい製品だと思います。ハクバさん、ありがとうございました。活用させていただきます。


★楽天でデジカメスタジオボックス30の最安を検索する★


★楽天でデジカメスタジオボックス45の最安を検索する★


★楽天でデジカメスタジオボックス60の最安を検索する★


★楽天でデジカメスタジオボックス75の最安を検索する★




Amazonでデジカメスタジオボックスを検索する




バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。