スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください


撮影用の簡易スタジオを自作する-ダンボール箱を切り開いて0円で

背景紙を垂らして、ライトスタンドでディフューザーをかざして、三脚立てて、露出計で露出を測ってじっくりと撮影する。こともそれはそれで楽しいのですが、やはりそれなりに時間が掛かります。ちょっとした小物をブログに紹介するときとか、オークションに出品するときに手っ取り早く簡単に撮影できるように簡易スタジオを作りました。といっても、それほど難しくはありません。余ったダンボールと、白い模造紙を切って分ボールの内側に貼っただけです。
撮影用の簡易スタジオを自作する
作り方なんて見ただけで想像できると思いますが、一通り紹介してみようと思います。

まずは材料となったダンボール箱です。大きさはあまり気にする必要はありませんが、あまり大きすぎると、収納場所に困りますし、取り出すのが億劫になれば、気軽に撮影できなくなります。部屋の隅においても邪魔にならない大きさが良いと思います。今回は、通販で購入したミネラルウォーターの箱を使いました。見ての通り、ボロボロですが、内側を利用するので、外側はあまり気にしなくても良いです。
余り物のダンボール箱を利用する

今回作成する簡易スタジオはあまり奥行きは必要ないので、ダンボール箱の幅の広いほうを使います。そこで、幅の広いほうを利用できるように角をカッターナイフで切断します。
ダンボールの角をカッターナイフで切断する
そうそう、今回は簡易スタジオの製作風景を撮影するため、デジカメのインターバル撮影機能を利用しました。所々に作者が写り込んでいますが、ご容赦ください。

ダンボール箱の角を2箇所切断しました。
ダンボール箱を切り開く

切り開いた部分を、切り離して、底の補強をするために、箱の奥行きに合わせて、切断します。
底の奥行きに合わせて切断する

切り開いたとき、底のフラップ部分の一部が浮いて段差ができるので、補強を兼ねて接着します。
底を接着する

手に持っているのは、ホットメルトあるいはグルーガンと呼ばれるステック状の樹脂を熱で通して、接着剤として利用できるものです。熱で溶かした樹脂は直ぐに冷えて固まるので、とてもスピーディーな接着ができます。
ホットメルトもしくはグルーガンと呼ばれる接着剤
一つ持っていると、今回のように接着剤として使うことはもちろん、小物を撮影するときに固定こともできるので何かと便利ですよ。

更に両サイドのフラップの真ん中に段差ができるので、余ったダンボールを切って、高さをあわせる為に中央に貼り付けます。
ダンボールの段差を解消するため真ん中にもダンボールを貼る
底の段差をなくす


これだけでも十分に強度はあるのですが、切り離したダンボールが余るので、更に底に一枚貼り付けます。
底に更に一枚貼り付ける

次に上側の蓋の部分を有効利用できるように、外側からテープで貼り付けて、コの字型に固定して、壁の一部として利用します。

蓋を壁の一部として利用できるように固定する

これで、外側は完成です。
簡易スタジオの外側が完成

最後は内側に白色の模造紙を箱に合わせて切って貼り付けます。貼り付けるとき、床と壁の境目が分かりにくいようにするために、床と壁の境界部分はゆるくカーブさせるように貼り付けると良いでしょう。
内側に模造紙を貼り付ける

最後に左右の壁の部分にも白色の模造紙を貼り付けます。横にも貼り付ける理由は、レフ板として利用できるという意味もありますが、横が白ではないと、反射してきた光に色が付いてしまうので、色被りを防ぐという意味゛大きいです。横着せずに横にもきちんと白い紙を貼り付けましょう。
撮影用の簡易スタジオの完成
壁が横に広がっているように見えますが、左右の壁を見せるために、わざとレンズを広角側にして撮影しました。

この簡易スタジオで撮影した写真がこれです。
簡易スタジオでの撮影例
手軽に作れて、簡単綺麗な写真が写せますので、小物の撮影には重宝しますよ。

写真で紹介すると長くなりましたが、製作時間は30分ほどでできたと思います。軽くて手ごろな大きさなので、使わないときは箪笥や本棚の上の隙間に放り込んでおけば、邪魔にもなりません。

使用するときは、冒頭の写真のようにOAチェアの上に乗せると、高さも角度も簡単に変えられますので、撮影しやすいと思います。手ごろなダンボール箱があれば、簡単に作れますので、ぜひお試しください。








バックナンバーは
初めての方はこちらから-全記事一覧をご覧ください

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。