スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レフ板のセッティングを楽にする-すべり止めシートを使用する

商品撮影いわゆる物撮りをするときの、レフ板の重要性は言うまでもないと思います。レフ板は市販の物もありますが、商品撮影では色々な大きさが必要になるので、コピー用紙や画用紙、厚紙など使用して、その場で使いやすい大きさのものを自作することが多いです。

作るといっても、単に紙を二つに折り曲げて、立てかけるだけですので、特別な技術は必要ありません。ですが、このようにして自作したレフ板は、ライティングのセッティング中に、ちょっと手が触れただけで倒れたり、折り曲げた部分が開いてしまうことも多く、イライラすることがあります。たとえば、こちらの写真のように。
自作のレフ板が開いて倒れてしまった例
このように自作のレフ板が開いて倒れてしまう場合、ちょっとした一工夫で、それを防いで簡単にセッティングできる方法があります。
スポンサーサイト

宝石の撮影テクニック-石の透明感を強調する方法

商品撮影もしくは物撮りといわれる撮影の中で、貴金属や時計の類は比較的撮影が難しいと言われています。宝石のカタログ用の写真ならともかく、ブログやオークション用の写真なら、ちょっとした工夫で比較的簡単に撮影することができます。

今回は、宝石の付いた指輪を例にして、撮影のちょっとしたコツやテクニックを紹介してみます。宝石の撮影撮影するとき、まず何を綺麗に見せたいのか、もちろん宝石のキラキラした輝きを表現したいですよね。ですが普通に撮影すると、このキラキラとした輝きは写し込まれません。

例えば、こちらの写真は、宝石のついた指輪を普通に撮影したものです。
宝石のついた指輪を普通に撮影してみる

レフ板の色の違いを比較してみる

商品撮影(物撮り)では、レフ板を使用して光源から遠かったり、被写体の影になった部分の明るさを補うためにレフ板を使用するのは、ご存知だと思います。レフ版と聞くと、白色を思い浮かべる方が多いと思いますが、白以外にも色々な色があります。
いろいろな色のレフ板
今回は、上の写真のように黒、灰色、白、銀色のレフ板を用意して、その効果を比較してみようと思います。

写真電気工業RIFA-F40×40に、ゆるみ止め剤を使う

写真電気工業RIFA-F40×40を購入して、約2週間ほど経過しました。とにかく簡単に設置できて、手軽に物撮りができるので、とても重宝しています。購入前はディフューザーが一枚なので、光のムラが気になっていましたが、それもほとんどありませんでした。
とても重宝しているRIFA-Fですが、使用中少し気になったことがあります。それは、設置する向きによっては、RIFA-F本体から出ている固定金具と、ダボの接続が、緩んでしまうことがあることです。

タボが緩んでしまう設置の向きとは、ライトスタンドをカメラからみて左側に設置し、RIFA-Fを前向きに設置するときです。
RIFA-F40×40を逆光気味にセットする
ビン類とかガラス類などを撮影するときは、逆光気味の光で撮影することがあるので、このようにセットすることがあります。

| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。