スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス製品の撮影をするとき-透明感を出すために輪郭を強調する

使わなかった引き出物のガラス食器などをオークションに出品したことがあります。そのとき、撮影でガラスの透明感を表現するのに苦労しました。色々と試行錯誤した結果、透明感を表すには、透明に撮影するのが一番良いことに気が付きました。透明に写すとは分かりにくいですが、たとえば、こちらの写真は、ガラス製のミルクピッチャーを写した写真です。物は例のごとく、100円ショップで購入したものです。
ガラスの透明感を表して撮影した写真
通販カタログの写真には遠くおよびませんが、それなりに透明感が表せていると思いませんか。よく見てみると、ガラス製品の胴体部分には殆どの何も写っておらず、背景紙の白色がそのまま映されています。その代わり、製品の輪郭はぐるっと黒色で縁取りされたように写っています。

このように輪郭がはっきりしていると、胴体部分は何も写っていなくても、人はガラスでできた容器と見ることができます。これが透明感を表すために、透明に写すという意味です。では、どうすれば、このように映すことができるのでしょうか。
スポンサーサイト

白い物を白い背景で撮影するとき-背景紙にグラデーションの影を入れる

白い物を白い背景紙を使って撮影するときは、気をつける必要があります。それは、被写体の輪郭が背景に溶け込んでしまい、締りのない写真になってしまうことです。
たとえば、こちらの写真をご覧ください。
メモリカードリーダーの背景に影を入れない場合
この写真は以前に紹介した『撮影用の簡易スタジオを自作する-ダンボール箱を切り開いて0円で』を使用して撮影したものです。

ごらんのように、可もなく不可もなくという写真ですが、メモリカードリーダの輪郭と背景の輪郭の色が近いので、どうも写真にしまりがありません。

ドリー付き撮影スタンドの自作-雲台固定部分の製作

ドリー付き撮影スタンドの自作-ドリー部分の製作』に続いて、雲台固定部分の製作です。

雲台固定部分で、一番重要な金具は「ステンレス角UPプレート」と呼ばれるものです。
ステンレス角UPプレートの写真
この金具の正しい使い方はよく分かりませんが、U字ボルトと組み合わせてパイプを壁面などに固定するときに使用する金具だと想像しています。今回はこの角UPプレートを2つ向かい合わせにして使用することしました。

ドリー付き撮影スタンドの自作-ドリー部分の製作

ドリー付き撮影スタンドのカメラ台座部分

こちらの『ドリー付き撮影スタンドの自作-予告編』で紹介した、撮影スタンドの作り方を紹介いたします。
使用した材料は

木製平台車
手すり用ステンレス巻きパイプ(25φ、1.8m)
手すり用エンド金具
変形L字固定具4個
木ネジ8個(上記L字金具の固定用)
スチールラック用アングル材(30cm)
ステンレス角UPプレート2個
6mm×70mmボルト2本
6mmナット1パック(100個入りだけど使うのは4つ)
ボルト用カバー(ボルトやナットを手回し用に加工できる小物)
ワッシャー1パック
12mm×1/4インチボルト2個(雲台の固定用)
雲台2個(自宅にあった余り物)
ボンドクイック5などの2液混合型エポキシ系接着剤
以上だったと思います。

材料費は雲台と接着剤は自宅にあったものを使用したので、そのほかでも全部で3~4千円ぐらいだったと思います。
それでは、作り方の紹介です。

ドリー付き撮影スタンドの自作-予告編

物撮りといわれるオークションに出品するための商品撮影やブログの写真撮影をしていると、意外と色々な高さからの撮影が必要になるときがあります。

三脚は大小合わせて6,7本もっているのですが、三脚には使いやすい高さというものがあるので、高さを頻繁に変えるためには、三脚そのものを交換したり、あるいは同じ三脚でもカメラを外して、脚の長さを調節しなおして、再度カメラを付ける。という作業が必要なり、意外と面倒で時間がとられます。

そんなとき、スタパ斉藤氏の記事『とても便利な“撮影スタンド"「WISTA サブスタンド88」 』を見て、なるほど、こんな便利な撮影スタンドがあるんだと、思い出しました。そーいえば、結婚式のときの衣装撮りとか、子供の写真などをスタジオで撮ってもらったときは、そんな装置を使っていたような気がします。

早速購入・・・・しようと、ネットで調べてみると、安いものでも10万円前後もするらしいので、いくら便利でも、なかなかその値段を撮影スタンドには出せません。(涙)

というわけで、ホームセンターをぶらぶら散歩していたら、それなりに材料が揃ってしまったので、自作しました。自作したドリー付き撮影スタンド
ドリー付きの撮影スタンドです。もちろん、とても格安で作れました。

写真をみれば、大まかな作り方は分かると思いますが、詳細な作り方は近日中にご紹介いたします。しばしお待ちください。

ドリー付き撮影スタンドの自作-ドリー部分の製作』に続く

ハクバ写真産業デジカメスタジオボックスのレビューその2

ハクバ写真産業デジカメスタジオボックスのレビュー』では、モニタープレゼントで頂いたデジカメスタジオボックスの組み立て方や特徴、作例のレビューを書きました。

ですが、このブログの常連さんには、この程度の「使いました、綺麗に撮れました、ありがとう」では、満足して頂けないと思うので(笑)、もう一ひねりしたレビューを書いて見ます。

今回、ハクバ写真産業さんからお送り頂いたデジカメスタジオボックスですが、実は他の製品には見られない特徴があります。それは、逆光状態での撮影ができることです。まずはサンプルから。
デジカメスタジオボックスを使い逆光状態で撮影してみる
ぬいぐるみの手前が暗くなりすぎていますが、逆光状態を強調するためにあえて、レフ板などは使いませんでした。
これが、簡易スタジオで撮影できるなんて、便利だと思いませんか?

ハクバ写真産業デジカメスタジオボックスのレビュー

今年の初めになりますが、ハクバ写真産業が主催されている写真の学校というSNS?の『物撮りバンザイ』というサークルで、物撮りフォトコンテストが開催されていました。

今までコンテストなるものに応募したことは全くなかったのですが、一度ぐらい応募してみてもよいかな?と思って、応募してみました。ちなみに応募した作品はこちらです。
物撮りフォトコンテスト応募作品

そのフォトコンテストの結果ですが、残念ながら入賞者はなし。ですが、何人かにハクバの撮影用品のモニタープレゼントがされることになって、私もその中の一人に選んでいただけました。

で、先日、その撮影用品が届きました。届いたのは、デジカメスタジオボックス45デジカメ撮影スタンドスタンドライト リングタイプの3つでした。

デジカメスタジオボックス45、デジカメ撮影スタンド、スタンドライト リングタイプ
梱包の中には律儀にも納品書なるものまで同梱されていました。(笑)

前置きが長くなりましたが、今回はまずデジカメスタジオボックス45について、実際に使用したときの感想をレビューしてみようと思います。

背景紙を格安で自作しよう-グラデーションペーパーを自作する

背景用紙を工夫しよう-グラデーションペーパーの勧め』では、背景を単なる白とか黒だけじゃなくて、写真用のグラデーションペーパーを利用すれば、写真の出来栄えが格段に良くなることを紹介しました。
グラデーションペーパーは目が飛び出るほど高価ではありませんが、出品する品物によっては、予想される落札価格よりグラデーションペーパーのほうが高くなってしまうこともあると思います。

そこで、自分でグラデーションペーパーを自作できないか試してみました。といっても、我が家にあるプリンターは写真画質とはいえ、最大でA4サイズまでしかプリントできません。指輪とかミニカーなどの小物であればA4サイズでも、十分な大きさですが、汎用性を考えると、もう少し大きい最低でもA3サイズぐらいが欲しいところです。

とはいえグラデーションペーパーを安くプリントすめたにA3サイズのプリンタを購入するのは本末転倒なので、いろいろと探してみると、とても便利なサービスを見つけました。

それは、ローソンのカラーコピーサービスです。今まで全く知らなかったのですが、最近のコンビニのカラーコピーというのは、とても進化していて、メモリカードやUSBメモリに格納されたjpegやPDFのデーターをその場でカラープリントできるのですね。

詳しくはローソンのWebサイトにある
メディアに保存されているファイル(PDF/JPEG)をコピー用紙にプリントできます。
をご覧ください。

というわけで、Photoshopでグラデーションデータを作成して、近くのローソンでプリントアウトしてきました。
ローソンでグラデーションペーパーをプリントした

価格は、黒色の単色で作成した白から黒のグラデーション用紙が1枚20円、青とピンクのカラーで作成したものがグラデーション用紙が一枚80円でした。

撮影用の簡易スタジオを自作する(2)-ディフューザーを使おう

前回の記事『撮影用の簡易スタジオを自作する-ダンボール箱を切り開いて0円で』では、余っているダンボール箱を切り開いて、内側に紙を貼ることにより、簡単に撮影用の簡易スタジオが自作できることを紹介しました。

自作の簡易撮影スタジオの使用例

先日のように作成した物でも、十分に綺麗な写真は撮影できますが、もう一工夫すると、より綺麗に撮影することができます。

| ホーム |
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。