スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真電気工業RIFA-F40×40に自由雲台を組み合わせる

商品撮影(物撮り)に写真電気工業のRIFA-F40X40を使用しています。購入時のレビューは『写真電気工業のRIFA-F40×40購入レビュー』をご参照ください。
そのRIFA-F40×40ですが、本体とブーム先端の間に自由雲台を取り付けて見ました。
RIFA-F40×40に取り付けた自由雲台
スポンサーサイト

写真電気工業RIFA-F40×40に、ゆるみ止め剤を使う

写真電気工業RIFA-F40×40を購入して、約2週間ほど経過しました。とにかく簡単に設置できて、手軽に物撮りができるので、とても重宝しています。購入前はディフューザーが一枚なので、光のムラが気になっていましたが、それもほとんどありませんでした。
とても重宝しているRIFA-Fですが、使用中少し気になったことがあります。それは、設置する向きによっては、RIFA-F本体から出ている固定金具と、ダボの接続が、緩んでしまうことがあることです。

タボが緩んでしまう設置の向きとは、ライトスタンドをカメラからみて左側に設置し、RIFA-Fを前向きに設置するときです。
RIFA-F40×40を逆光気味にセットする
ビン類とかガラス類などを撮影するときは、逆光気味の光で撮影することがあるので、このようにセットすることがあります。

写真電気工業RIFA-F40×40の明るさを測定する

写真電気工業のRIFA-F40×40購入レビュー』に頂いたコメントで、明るさはどれぐらい?とのご質問を頂きましたので、実際に測定してみました。
測定に使用した電球はこちらの22Wの電球型蛍光灯です。
写真電気工業RIFA-F40×40に使用した蛍光灯

この写真を撮影したときの露出を測定してみました。

写真電気工業のRIFA-F40×40購入レビュー

先日、写真電気工業株式会社のRIFA-F40×40を購入しました。
写真電気工業のRIFA-F40×40
今回、購入したのはRIFA-F40×40の本体のみで、写真に写っているブームスタンドとライトスタンドはすでに自宅にあったものを込み合わせました。

まだそれほど使い込んでいるわけではありませんが、簡単にレビューしてみようと思います。

ハクバ写真産業デジカメ撮影スタンドのレビューその2

以前紹介した『ハクバ写真産業デジカメ撮影スタンドのレビュー』の第2弾です。
ハクバ写真産業デジカメ撮影スタンド
今回は、付属の雲台の取り外し方を紹介しようと思います。

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。