スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhotoshopCS3,CS4の方は急いで

AdobeのPhotoshopCS3とCS4からアップグレードしていない方は要注意です。Adobeのアップグレードポリシーが変更になって、PhtoshopCS6からは直近のバージョンからしかアップグレードできなくなりました。
AdobePhotoshopCS6
アップグレード料金が高いから、一つおきとか、二つおき毎にバージョンアップしている方は多いと思うのですが、CS6からは、CS5からしかアップグレードできなくなります。CS3およびCS4のユーザーの方は、2012年12月31日まではCS6にアップグレードできますので、まだアップグレードをしていない方は、急いでアップグレードすることをお勧めします。
それにしても、CS6のパッケージは鱗だらけの半魚人みたいで不気味ですね。
このデザインをした人物のセンスを疑います。(^^;)


PhotoshopCS6 Windows版



PhotoshopCS6アップグレード Windows版


スポンサーサイト

なかなか更新できていません

最近、ボランティアでボーイスカウトのリーダーをしているので週末に時間が取れません。撮影自体はぼちぼち楽しんでいるのですが、当ブログに掲載するほどのネタにはできないのが現状です。
ちょっと気合入れないとだめですね。
またぼちぼちと忘れられない程度に更新していきます。(^^;)

友人がフォトマスター検定を受検するらしい

私の古くからの友人、同じ小学校ではなかったけど、小学生のときからの古い友人が今年のフォトマスター検定に挑戦するらしいです。とここで、トラックバックを張ってみた(笑)

私が受験したときの結果は【フォトマスター検定の結果通知が届きました-合格しました。】こちらにあるように、一発で1級に合格してしまったのですが、友人は何級から始めるのかな。

3級から、2級、準1級、1級とお酒のように階級が上がっていくわけですが、どの級にチャレンジするにしても、系統立てた勉強をする良い機会になると思いますので、がんばって欲しいです。

で、私のほうは、1級の上は、フォトマスターエキスパートがあるわけですが、いろいろと実績が問われたり、作品を送ったりしないといけないそうなので、面倒でそのままほったらかしです(^^;)

やっぱり太陽光は楽ですね

別のブログ用に撮影した写真です。被写体はアルミラミネートされたパッケージに収められたプロテイン。かなり大きいサイズだったので、デイパックと並べて撮影しました。
窓からの太陽光で撮影
特に凝った撮影をするつもりもなかったので、手元にあったコンパクトカメラFUJIFILMのFINEPIX XP10という防水のコンパクトカメラを使いました。
当初は室内光で撮影したり、ストロボで撮影したのですが、ギラギラと光るアルミラミネートのパッケージがうまく表現できなくて悩んでいたのですが、ふとドア一枚外に出れば、吹き抜けの窓から光が差していることを思い出しました。で、窓からの光が横から当たるようにして撮影したのが、上の写真です。
いかがでしょうか?テカテカとしたパッケージの質感とか、銀色の色が良くわかりますよね。改めて、太陽光のすばらしさを認識した一枚でした。

さよならgoogle

googleアドセンスが無効になって、無理やり思いつく限りの修正をして、アカウントの復活を申し込んだけど、拒否されました。結局、理由も分からないまま。まぁ年に1回、あるかないかの収入だったから、なくなっても惜しくないけど、腑に落ちませんね。

さよならgoogle

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

アクセスカウンター

プロフィール

delightauctions

Author:delightauctions
初めてご来訪頂いた方は、ぜひ
全記事一覧をご覧ください。
商品撮影の素人写真家(笑)
プロカメラマンではありません。コンテストなどの入賞経験もありませんが、2008年にフォトマスター検定の1級には合格しました

現在Yahooオークションの出品で評価が250を超えました。出品のための商品撮影を中心に私なりに学んだオークションのノウハウなどを書き綴っています。

Twitter

    follow me on Twitter

    全記事表示リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    最新コメント

    メールフォーム

    質問、要望、愛の告白、ヘッドハントのお誘いはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。